株式会社ERIアカデミー
 
 HOME >> 定期講習 >> [概要]CPD単位の取得
定期講習
TOP
概要
受講手数料・対象者
お申し込みの流れ
講習当日の流れ
書類ダウンロード
修了者番号の掲載
CPD単位の取得
3年後お知らせサービス
受講者の方への追加資料
お申し込み
開催スケジュール
メール・郵送お申し込み
よくあるご質問


ERIグループのご案内
ERIホールディングス株式会社
日本ERI株式会社
株式会社ERIソリューション
TBTC 株式会社 東京建築検査機構
EPA SYSTEM Inc 株式会社 イーピーエーシステム
株式会社住宅性能評価センター

ERIアカデミー主催の定期講習の受講で、CPD単位が取得可能
CPD認定講座ERIアカデミーの定期講習は、日本建築士会連合会と日本建築家協会の継続職能開発(CPD)制度参加型研修プログラムです。
CPD制度に参加されている建築士の方は、弊社主催の定期講習終了後に6単位を取得できます。
CPD単位の取得には、講習当日にCPD番号、建築士番号または建築施工管理技士番号のいずれか1つが必要となりますので、ご用意ください。


建築士会CPD制度とは
建築士会では、建築士会会員の知識、技術に関する研鑽と倫理観の醸成のために、平成14年(2002年)に自主的にCPD制度を開始しました。
その後、平成21年1月5日に施行された建築士法第22条の4の規定により、建築士会にはすべての建築士に対する研修を行うことが義務付けられたことを受けて、従来のCPD制度を大幅に改め、非会員の方たちも参加できるようにオープン化したものが、現在の建築士会CPD制度です。
この制度では、建築士会が建築士等の能力開発にふさわしい研修として認定した講習会等の研修プログラムにCPD参加者が出席し、その情報をCPD単位として建築士会が専用サーバーに登録することで、CPD参加者の履修履歴が蓄積されていきます。この履歴にもとづき、CPD参加者の求めに応じて建築士会が証明書を発行する仕組みになっています。


CPD単位取得のメリット
現在、各行政機関等の工事入札等において、CPDの実績データの活用が進んでいます。なかでも建築士会のCPD制度は、工事入札等において建築士会の発行するCPD証明書が加点等評価の対象とされる、建築士会CPD制度への参加が工事入札の条件とされるなど、広く活用される制度となっています。

 



| 会社概要 | プライバシーポリシー | 著作権・免責事項 | サイトマップ | お問い合わせ |
Copyright © 2011-2017 ERI ACADEMY CO.,LTD. All Rights Reserved.