株式会社ERIアカデミー
 
 HOME >> 建築基準適合判定資格者検定 受検対策講座 >> 講座概要
建築基準適合判定資格者検定 受検対策講座
TOP
概要
講座概要
受講手数料
対象者
お申し込みの流れ
書類ダウンロード
合格率等について
よくあるご質問



ERIグループのご案内
ERIホールディングス株式会社
日本ERI株式会社
株式会社ERIソリューション
TBTC 株式会社 東京建築検査機構
EPA SYSTEM Inc 株式会社 イーピーエーシステム
株式会社住宅性能評価センター
(株)構造総合技術研究所

建築基準適合判定資格者検定受検対策講座の開設コース
コース種別 コース概要
スクーリングコース 演習実施と解説講義を中心とした集合講習に参加する、当講座の標準コース
自宅学習支援コース
遠隔地の方等の意欲的な自己学習を課題送付と採点・添削でサポート

講座内容の詳細は、パンフレットをご参照ください。
PDF【令和2年建築基準適合判定資格者検定受検対策講座 開講のご案内】
PDF【参 考】講座スケジュールの例

講座概要
開講期間
令和2年2月〜8月
総合
ガイダンス
(2月)
「総合ガイダンス」では、建築基準適合判定資格者検定の概要、考査問題の傾向、学習の進め方や、当講座のサポート方法等について説明します。また、今後のスケジュールについても併せて説明します。当講座を有効に活用していただくために、スクーリングコース/自宅学習支援コースすべての受講者にご参加いただきます。
課題演習
(4月〜7月)
スクーリングコース
  • 集合講習では各回、検定科目ごとにカリキュラムを設定し、模擬テスト形式の演習実施と解答解説を中心とした講義を行います。
  • 他の受講者と一緒に所定の時間制限の中で演習課題を解くなど、普段体験できない緊張感のある場を提供することで、本検定に備えた実戦感覚を鍛えます。
  • 講義では、適宜補足資料等を配付し、受講者の理解を促します。
  • 演習課題の添削結果等を集計・フィードバックし、受講者の自己学習をサポートします。
  • 集合講習で使用する演習課題のほかに、自己学習用の練習問題を別途配付します。
自宅学習支援コース
  • 月1回程度、送付する演習課題を、自宅等で自己管理のもと所定の手順により実施し、答案を各回所定の期日までに提出していただきます。
  • 提出された答案はERIアカデミーで採点・添削し、コメント・アドバイス等を添えて受講者に返却します。
  • 課題演習で使用する演習課題のほかに、自己学習用の練習問題を別途配付します。
模擬テスト
(7月)
本検定受検の前に、実際の検定と同じ時間割による全科目の模擬テストを実施します。
直前対策
講習
(8月)
模擬テストの解答解説を中心とした集合講習を実施します。
受講場所
総合ガイダンス
スクーリングコース
直前対策講習
東京会場
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
大阪会場
新大阪丸ビル別館(新大阪駅東口)
自宅学習支援コース 自宅等での課題演習が基本となります。
(総合ガイダンスと模擬テストおよび直前対策講習は、スクーリングコースと同じ会場での集合講習となります。)
模擬テスト 開催する地域会場は、決まり次第、ご案内します。

令和2年の建築基準適合判定資格者検定は、前年と検定内容が変わる可能性があります。
当講座は、令和元年までの検定内容を基本に実施しますので、あらかじめご了解ください。


| 会社概要 | プライバシーポリシー | 著作権・免責事項 | サイトマップ | お問い合わせ |
Copyright © 2011-2020 ERI ACADEMY CO.,LTD. All Rights Reserved.