株式会社ERIアカデミー
 
 HOME >> 建築基準適合判定資格者検定 受検対策講座 >> 合格率等について
建築基準適合判定資格者検定 受検対策講座
TOP
概要
講座概要
受講手数料
対象者
お申し込みの流れ
書類ダウンロード
合格率等について
よくあるご質問

新型コロナウイルス等の感染症の感染拡大防止
を目的とした講習会等の運営方法について


ERIグループのご案内
ERIホールディングス株式会社
日本ERI株式会社
株式会社ERIソリューション
TBTC 株式会社 東京建築検査機構
EPA SYSTEM Inc 株式会社 イーピーエーシステム
株式会社住宅性能評価センター
(株)構造総合技術研究所

建築基準適合判定資格者検定の合格率等について
令和元年建築基準適合判定資格者検定について、国土交通省HPに合格者が発表されました。
当講座の受講修了者からの合格者数は60名となり、合格率は55.0%となりました。
この人数は、建築基準適合判定資格者検定の全国合格者352名のうち、17.0%の割合を占めております。
令和元年建築基準適合判定資格者検定の結果概要
  全国(国土交通省発表) 当講座の受講修了者
実受検者数 1,108名 109名
合 格 者 数 352名 60名
合 格 率 31.8% 55.0%

【参考】平成30年建築基準適合判定資格者検定の結果概要
  全国(国土交通省発表) 当講座の受講修了者
実受検者数 1,161名 104名
合 格 者 数 461名 72名
合 格 率 39.7% 69.2%

【参考】平成29年建築基準適合判定資格者検定の結果概要
  全国(国土交通省発表) 当講座の受講修了者
実受検者数 1,299名 152名
合 格 者 数 461名 79名
合 格 率 35.5% 52.0%

当社の「建築基準適合判定資格者検定受検対策講座」は、受講者の「実力」を高めることに主眼を置き、受講者の自主性のもとで課題実習等の演習を通して、合格のための実力向上をめざしています。


受講者の声
講習終了後の受講者アンケートより抜粋

演習課題と模擬テストでは、過去問ではない講座オリジナルの問題を解くところがとても役に立った。(スクーリングコース)

集合講習で毎回行われる課題に対して、所定の制限時間内に答案を仕上げることを目指した。月1回のスクーリングで勉強の進み具合を確認することで、効率よく勉強することができた。(スクーリングコース)

講座のカリキュラムに沿って勉強を進めた。前回とその次の回で科目が重なる部分が設けられていて、理解がしやすかった。(スクーリングコース)

いい意味で「せかされた」のがよかった。ひとりで勉強していたら、できなくても遅くても「一生懸命やったのだから仕方ない」と思っていたとおもう。(スクーリングコース)

受講期間中、こんなに法令集を開いて条文を確認する年はなかった。いかに日常では拾い読みをしているかを思い知らされた。(スクーリングコース)

毎回同じ目標に向かって勉強する人たちが周りにいたことが、モチベーションを維持するうえでとてもよかった。(スクーリングコース)

毎月の課題提出に締切りを設定されて答案を提出するところが役に立った。自己学習だけではだらけてしまい、勉強が進まなかったと思う。(自宅学習支援コース)

模擬テストに参加して、本検定の前に一連の流れを事前体験できてよかった。(自宅学習支援コース)

模擬テストは本検定と同じ時間帯・同じような会場の雰囲気で行われ、約1ヶ月前にいちど本番を経験したという感じで、遠くから時間と費用をかけて参加した甲斐があった。(自宅学習支援コース)

一級建築士試験と比べて、建築基準適合判定資格者検定は非常に情報が少ない。そんな中で貴重な情報・分析を提供されてたいへん助かった。(自宅学習支援コース)


| 会社概要 | プライバシーポリシー | 著作権・免責事項 | サイトマップ | お問い合わせ |
Copyright © 2011-2020 ERI ACADEMY CO.,LTD. All Rights Reserved.